世界の麦酒(ビール)の特徴 その1

世界の麦酒(ビール)の特徴を地域別にご紹介します。

【北アメリカ地区】

○アメリカ
 アメリカにあるアメリカの麦酒(ビール)は、日本の麦酒(ビール)に近いものがあり、爽やかな飲み口、後味の良さというのが日本人にも人気がある秘訣みたいです。
 中には、サミュエルアダムストリプルボック(なんとアルコール度数17.5度)など、すごく濃厚な麦酒(ビール)もありますが、基本的には日本人好みとなる麦酒(ビール)が多いようです。

○カナダ
 ロッキー山脈から流れ出ている天然水を利用して造られている麦酒(ビール)で、喉越しがスッキリしています。
 日本で有名になったのはラバットブルというので、これもカナダの麦酒(ビール)です。


【南アメリカ地区】
○ジャマイカ
 ジャマイカと言うと陽気なイメージと、レゲエやカリビアン音楽という明るい感じの音楽でも有名ですよね。
 ジャマイカの麦酒(ビール)は、温暖な気候に合う、喉越しがよい麦酒(ビール)がうけています。

○ペルー
 麦酒(ビール)の歴史は古くて、「チャッチャ」というインカ帝国時代にとうもろこしで造られた麦酒(ビール)が始まりだと言われています。
 ペルーは1821年までスペイン領でした。
 その影響を受けているため、麦酒(ビール)の醸造法はスペイン色が濃く受け継がれています。
○トリニダード・トバゴ
 1962年に独立を果たすまでは、トリニダード・トバゴはイギリス領でした。
 カリブ海に浮かぶ南国で、この海の名前をとって名づけられている麦酒(ビール)が代表的な麦酒(ビール)の名前となっています。
 陽気なカリビアンを象徴するような南国の味わいのスッキリした麦酒(ビール)で、メキシコやアメリカでも人気です。

○メキシコ
 メキシコの麦酒(ビール)は、ドイツの移民の影響を深く受けています。 
 この国の代表的なお酒「テキーラ」と同じようにライムと塩でのむ「コロナ」が代表的です

○ブラジル
 この国の麦酒(ビール)は癖がなく喉越しがいい麦酒(ビール)が多いです。ブラジルの温暖な気候に合っているようですよね。
 

世界の麦酒(ビール)の特徴 その2

【ヨーロッパ地区】
○ドイツ
 ドイツは世界一の個人年間消費量を誇っている国です。
 国内で作られる麦酒(ビール)のほとんどが国内消費に当てられると言うほどの麦酒(ビール)大国です。更に地麦酒(ビール)醸造も盛んに行われていて、種類も約6000種以上銘柄があると言われています。
 これほどまでの麦酒(ビール)大国には品質の維持や向上を目的とした法律『麦酒(ビール)純粋令』というのがあり、その中では麦酒(ビール)は大麦・ホップ・酵母・水以外のものを使用してはならないと定められています。
 また、ドイツは麦酒(ビール)製造技術の向上にも大変厳しく設定されていて、高度な麦酒(ビール)醸造技術家を養成する制度となっています。この制度による専門課程を修了した者を『ブラウマイスター』と呼びます。
 ドイツ麦酒(ビール)のほとんどはピルスナータイプです。

○ベルギー
 ベルギーは国土が小さいですが、醸造所は約540箇所あります。
 ドイツに並んで麦酒(ビール)醸造が盛んな国となっています。
 ベルギー麦酒(ビール)は、果実を使用した麦酒(ビール)、樽で寝かして醸造させる麦酒(ビール)などワインやシャンパンにも似た麦酒(ビール)があります。
 麦酒(ビール)の種類の中でも古い伝統の味を今でも受け継いでいるのが修道院で作られる麦酒(ビール)、「トラピスト麦酒(ビール)」です。
 ベルギー麦酒(ビール)は通常の麦酒(ビール)と違って、常温で飲む事が多く、ワインみたいですよね。

○イギリス
 エール麦酒(ビール)(上面発酵麦酒(ビール))がとても盛んな国がイギリスです。
 特に樽などで2次発酵させた麦酒(ビール)が「本物のエール」と呼ばれています。この麦酒(ビール)の飲み頃はバーテンダーの勘が決め手となっています。
 イギリスでホップを入れた麦酒(ビール)が認められたのは15世紀以降の事です。
 それを境にして大きな発展を遂げた事になり、今現在は麦酒(ビール)の先進国となっています。
 イギリス国内では麦酒(ビール)メーカーがパブを直営していますので、パブで本場の麦酒(ビール)を味わうのがメジャーな飲み方となっています。

○オランダ
 オランダの麦酒(ビール)は、江戸時代にオランダの商船の使節団が献上した麦酒(ビール)が始まりだと言われて、日本で最初に飲まれた麦酒(ビール)だと言われています。
 オランダでは、トラピスト(修道院)麦酒(ビール)や、ピルスナー麦酒(ビール)が主に醸造されています。

他に、【フランス】【イタリア】【ポルトガル】【デンマーク】などの麦酒(ビール)があります。

タグ:ビール

世界の麦酒(ビール)の特徴 その3

○オーストリア
 オーストリアは、音楽の都、ウィーンを首都に持っていて、そこの麦酒(ビール)は古い歴史を誇っていて、1273年にハプスブルク家ルドルフがローマ帝位につき、1281年にその息子にオーストリアの領地を与えたことにより、ハプスブルク家のオーストリア統治が始まったことを機会に宮廷で麦酒(ビール)が飲まれ始めたということです。

○スペイン
 スペインには、様々な人種や混血によって、「ヨーロッパであってヨーロッパでない」と言われるほど複雑な立場があり、スペインの複雑な歴史を物語っていると思います。
 それと同様に、麦酒(ビール)そのものも複雑な人種を反映していて、「クルスカンポ」と呼ばれる幅広く愛されるタイプの麦酒(ビール)(スペイン語ではセルベーザ)が大きなシェアを誇っています。

○チェコ
 チェコ・スロバキア連邦共和国は1993年、チェコとスロバキアの2つの国に独立しました。
 世界のピルスナー麦酒(ビール)発祥の地として有名な場所です。ピルスナー麦酒(ビール)はボヘミア地方のピルゼンで造られています。
 今現在アメリカを代表するといってもいい麦酒(ビール)「バドワイザー」がチェコの「ブドワゼ」の名前をもらったという逸話があるくらい美味しさに感動したそうです。

○スイス
 国土は日本の九州よりも小さいです。マッターホルンなどのアルプス山脈や標高4000m級の山々に囲まれているような豊かな自然に育まれた美しい水で麦酒(ビール)を醸造しています。スイスの自然を感じさせるような麦酒(ビール)の味だと思います。

他に、【イスラエル】【ユダヤ】【ノルウェー】などの麦酒(ビール)があります。
タグ:ビール

世界の麦酒(ビール)の特徴 その4

【アジア地区】
○インド
 元々イギリス領だったインドは、イギリスの醸造技術の影響を強く受けていますが、実際醸造されている麦酒(ビール)はイギリスのものとは違って、ラガーが主流となっています。
 インドで醸造されている麦酒(ビール)はインド料理の辛さにも負けなくて、しっかりとしたコクを持った麦酒(ビール)が多いのが特徴となっています。

○スリランカ
 インドやオーストラリア同様、イギリスの領土だったスリランカは、イギリスの醸造技術の影響を色濃く受けた麦酒(ビール)が特徴的となっています。

○ベトナム
 ベトナムは急激な経済発展途上にあります。しかし、フランスの醸造技術を導入した麦酒(ビール)が多くて、エスニック料理に合うようなスッキリ喉越しがいい麦酒(ビール)が特徴的となっています。

○インドネシア
 インドネシアは第二次世界大戦以前まではオランダ領地でした。
 麦酒(ビール)の醸造技術もオランダの影響が色濃く残っています。

○フィリピン
 フィリピンの麦酒(ビール)は爽やかで口当たりがいい麦酒(ビール)が主です。醸造にはスペインの影響が強く残っています。

○シンガポール
 シンガポールは、様々なアジア料理が介するグルメ国で分かるとおり多種民族の国です。 観光客も盛んに訪れている盛んな国です。
 シンガポールには四季がなく常夏の国と呼ばれています。その国のアジア料理に合わせた麦酒(ビール)が多く、日本人にも飲みやすいような麦酒(ビール)が多いのが特徴的です。

○タイ
 年間平均気温が30度近い、常夏の国です。シンハーというシェアの大半を占めるタイの麦酒(ビール)の代名詞とも呼ばれる麦酒(ビール)です。
 飲みやすくてタイ料理にも良く合うようなラガー麦酒(ビール)です。

世界の麦酒(ビール)の特徴 その5

○台湾
 台湾の麦酒(ビール)は日本によって歴史が始まりました。1919年(大正9年)、「高砂麦酒」が日本人によって設立されました。
 その後第2次対戦後中華民国が接収し、今に至っています。
 台湾の豊かな大自然で育まれたホップや、清らかな水を使用して醸造された麦酒(ビール)は、世界コンクールでも金賞を2回も受賞するほど品質がすごく高い麦酒(ビール)となっています。
○中国
 青島(チンタオ)に1903年にドイツ人が麦酒(ビール)工場を設置しました。これが中国の麦酒(ビール)の歴史の始まりです。
 当時、中国では麦酒(ビール)は高級品とされていて一般人には飲めないものでした。しかしドイツ統治から解放された後は醸造所も増えた為、大衆飲料として普及し、一般人にも飲めるものとなったそうです。
 主流となっている麦酒(ビール)は中華料理にもよく合って、日本でも深く親しまれている麦酒(ビール)です。
 現在は、年間生産量世界第2位の麦酒(ビール)大国となっています。

○韓国
 スッキリとした味わいやコクが特徴的な麦酒(ビール)で、スパイシーな韓国料理に良く合った麦酒(ビール)です。
 アジアでは生産ランキングが中国、日本に次いで第3位となっています。

○トルコ
 エキゾチックな国で、アジアとヨーロッパの文明が交わっています。
 そのエキゾチックな名前を持っている「エフェス」というピルスナータイプの麦酒(ビール)は、古代都市を由来とした名前で、トルコ料理に良くあう麦酒(ビール)として広く愛されている麦酒(ビール)です。

○キプロス
 地中海にある島で、主要産業が観光というだけあって美しさを誇っている島です。代表的な麦酒(ビール)は「ケオ麦酒(ビール)」で、1987年国際麦酒(ビール)コンテストは第一位に輝きました。
 チーズや、シーフード料理に合うソフトな味わいの麦酒(ビール)で飲みやすいです。

タグ:ビール

世界の麦酒(ビール)の特徴 その6

【オセアニア地区】
○オーストラリア
 オーストラリアは、かつてイギリスの植民地でした。その影響もあり、麦酒(ビール)の醸造方法はイギリスの特徴を色濃く受け継いだものが多数存在しています。
 温暖な気候や風土が幸いしているせいか、ホップの栽培が盛んとなっています。その為国産のホップを使用した高品質の麦酒(ビール)が多く醸造されています。
 オーストラリア国内では、イギリスにある麦酒(ビール)に似たラガーやビター麦酒(ビール)が人気となっています。

○ニュージーランド
 ニュージーランドは温暖な気候が年間を通じて広がっていて住みやすい土地です。ホップの栽培が盛んな為、国内で採れるホップと自然の湧き水と一緒に醸造され造られた、ラガータイプの麦酒(ビール)が多いのが特徴となっています。

○タヒチ
 フランス領であるタヒチは、観光地として有名です。大変美しい国で、地上の最後の楽園と呼ばれています。世界中からの観光客が1年中訪れる、観光地となっています。
 フランス領の為、影響を色濃く受けた麦酒(ビール)が多く存在するのが特徴です。

【アフリカ地区】
○ケニア
 ケニアは1963年に独立しましたが、それ以前はイギリス領でした。そのせいもあり、麦酒(ビール)の醸造方法はイギリスから伝わった方法で造っています。
 国内トップのシェアを誇っている麦酒(ビール)は「タスカー」と呼ばれているもので「牙」という意味を持っていて、ブルワリーの創始者がアフリカ像によって命を落としたのですが、それを悼んで名づけられました。
タグ:ビール

麦酒(ビール)のおつまみ

夏になると、昼間の暑さはすごい上に、あつーい熱帯夜が続きますよね。
クーラーを止めてベランダでシャワーを浴びた後、麦酒(ビール)を一杯!と思っても、空気自体がモワンと暑くなっている為、一気に汗が・・・せっかくシャワーを浴びたのに台無しになりますよね。

それなら、外で麦酒(ビール)を飲むことは諦めて、クーラーが効いた部屋で美味しいつまみを用意して麦酒(ビール)タイムと言うのも素敵な事ではないでしょうか?

そこで、夏の暑い日、お部屋の中で上品に麦酒(ビール)に合うおつまみのレシピをご用意しましたのでご紹介しますね。

【えびのレモングラス蒸し】

○材料(2人分)
・ブラックタイガーなどの殻付きのえび:10?20尾
・レモングラス           :ひとつかみ
・白ワイン             :少々

○タレ
・レモン汁             :1個分
・ナンプラー            :大さじ2?3
・砂糖               :大さじ1
・水                :大さじ3
・ガーリックパウダー        :少々
・一味唐辛子            :少々

○作り方
1.「タレ」の材料を混ぜ合わせておきます。
2.えびは背綿を取ります。
  ※殻の間からつまようじを差し込んで背綿を引き抜きます。
3.耐熱皿にレモングラスを敷いて、2.で下ごしらえしたえびを乗せます。
  上からもレモングラスをかけ、白ワインを少々振り掛けます。
4.3.にラップをかけ冷蔵庫でしばらく(できれば半日)置き、味を染み込ませます。
  レンジで4?5分蒸します。
  ※500Wなら約4分でいいのですが、蒸し時間が長くなると身が固くなりますのでご注意ください。
5.食べるときにえびの殻をむいて、1.のタレにつけて召し上がってください。

【Point】
タレの分量は多めに設定していますので瓶などに入れて保存しておいてもよいかもしれません。
使用方法は、ベトナム風のサラダ、生春巻きのタレなどです。
一味の代わりに赤唐辛子を刻んで入れてもよいですが、辛くなります。

手作り麦酒(ビール)

手作り麦酒(ビール)が今、静かなブームを呼んでいるようです。
少し以前は自家製麦酒(ビール)と言うだけで首を傾げて敬遠する方が多くいたようです。
日本は英国や米国などと違って自家醸造が規制されているのが現状ですが、アルコール度数1%未満なら家庭で醸造しても問題はないようです。
この規制は日本だけにあるみたいですが、この時代そろそろ規制緩和されてもいい頃じゃないでしょうか?と思うのは私だけでしょうか?

世界中には二万種類もの麦酒(ビール)が存在しています。それぞれ個性があって競い合っていると思います。
麦酒(ビール)には苦いばかりではなく、甘い麦酒(ビール)もあるし、果汁を混ぜて造る「フルーツ麦酒(ビール)」みたいなのもあります。
日本ではピルスナー系の麦酒(ビール)が多くあります。それを基準にしてちょっと変えたり、ラベルを変えたりして目先を変えているようです。
色んな観光地に行くとよく地麦酒(ビール)などが置いてあってそれぞれの味を楽しむ事が出来ますが、手作り麦酒(ビール)でも同じ様に家庭で色々な味を作る事が可能だと思います。

市販の麦酒(ビール)と手作り麦酒(ビール)との大きな違いは、市販の麦酒(ビール)には麦酒(ビール)酵母が含まれていません。製造の過程で熱加工や濾過することで酵母が取り除かれてしまうからです。麦酒(ビール)会社にとってはいつ飲んでも同じ味にすると言う事、これが重要な品質として掲げられている以上、酵母が残っていると味に変化が起こってくるという酵母は残っていてはいけないものになってしまいます。
それに対して手作り麦酒(ビール)には酵母が生きて入っているため、健康的でかつ栄養満点の飲み物になっています。


子供の麦酒(ビール)

最近、家族風居酒屋に行くとテーブルの上にあるキャッチスタンドの商品説明に書いてあるのを見かけたもので「こどもびいる」というのがあります。
ネーミング自体がなんとなくレトロな感じで昭和時代を連想させますよね。
茶色のボトルと言うのもなんとなく「ホッピー」を思い出させるような・・・
もちろんこれは麦酒(ビール)ではなく炭酸飲料ですが、大人でもちょっと飲みたくなる雰囲気ですよね。

製造は佐賀県(株)友枡飲料さんというところで、そこのホームページからの情報によると「こどもびいる」は2000年頃、福岡市博多区にある『下町屋』というもんじゃ焼専門店で考案された麦酒(ビール)風の飲み物として誕生したらしいです。
取引業者から見せられたときに、麦酒(ビール)瓶入りのジュースを見てなんとなく「こどもびいる」を思いつき、自分でラベルを作ったうえで元に貼られていたラベルを剥がして、張り替えたそうです。

実際のこどもびいるの味ですが、コップに注いでみると琥珀色の麦酒(ビール)の色、それと泡はちょっと粗めです。想像している甘さではありませんがこどもびいるなら、お子様も一緒に家族で乾杯!何てこともできますよね。
もちろんノンアルコールですので、運転する方でも安心して飲む事が出来ます。

子供の頃、お父さんが麦酒(ビール)を美味しそうに飲んでいたのを見て、ついつい飲ませてもらうと「苦い!」と言って失敗した経験があると思います。
でも、お父さんが飲んでるのをみるとホント美味しそうに飲むんですよね。
そういって、飲みたいといっているお子さんに飲ませてみるのもいいと思いますよ。

タグ:ビール
  • キャッシング・ローン・クレジットカード・消費者金融比較ネット
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン・借入おまとめローン比較お申込み
  • VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレスカードお申込み
  • キャッシング・カードローン・消費者金融比較!
  • 銀行系キャッシングカードローン会社
  • 安心キャッシングカードローン消費者金融会社
  • ビジネスローン・不動産担保ローン
  • 消費者金融キャッシング・カードローン
  • ネットキャッシング・カードローン・消費者金融
  • 女性専用キャッシング・レディースローン
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン
  • 学生専用キャッシング・学生専用ローン
  • クレジットカード会社
  • 即日キャッシング即日融資のネットキャッシング、即日融資ローン、消費者金融比較申込
  • 融資会社比較!優良融資会社が見つかります!
  • 【モビット】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【モビット】キャッシングお申込み
  • 【プロミス】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング消費者金融【プロミス】お申込み
  • 【アットローン】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング【アットローン】のカードローンお申込み
  • 【DCキャッシュワン】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【DCキャッシュワン】お申込み
  • 【ノーローン】お申込み 新生銀行グループ株式会社シンキ1週間無利息消費者金融【ノーローン】お申込み
  • 【楽天マイワン】お申込み 楽天KCクレジット株式会社カードローン【マイワン】キャッシング比較お申込み
  • 【オリックスVIPローンカード】お申込み オリックスクレジット株式会社カード【オリックスVIPローンカード】
  • 【JCB ファーストローンプラス】お申込み 株式会社JCBカードローン【JCB ファーストローンプラス】申込
  • 【イコールクレジット】お申込み SBIイコールクレジット株式会社のカードローン【SBIイコールクレジット】申込
  • 【ライフプレイカード】お申込み 株式会社ライフ(lifecard)ライフカードのキャッシング【ライフプレイカード】
  • 【アコム】お申込み アコム株式会社の消費者金融キャッシング【アコム】の金利・審査・申込詳細
  • 【プリーバ】お申込み 株式会社プリーバの消費者金融ネット系キャッシング【プリーバ】ネットローン審査・申込
  • 【武富士】お申込み 株式会社武富士の消費者金融キャッシング¥enショップ【武富士】カード申込
  • 【三洋信販】ホームページ【三洋信販】株式会社消費者金融ポケットバンク
  • 【ポケットバンク】三洋信販株式会社の消費者金融ポケットバンクキャッシングご利用法
  • 消費者金融金利比較!消費者金融金利を比べてお申込み!
  • 金借りる方法!お金借りる前に知っておきたいこと!
  • 銀行金利比較!銀行金利比較で安心預金・ローン!
  • カードローンランキング!カードローンを比較!人気カードローンランキング!
  • キャッシング借りる!お得な低金利・即日融資・無利息キャッシングを借りる方法!
  • 消費者金融借りれる!アルバイト、パート(主婦)、自営業の方も消費者金融借りれる!
  • 主婦借りれる!主婦(パート)も借りれるローン、キャッシング、消費者金融!
  • クレジットキャッシング!キャッシングクレジットカード!クレジットカードキャッシング!
  • ローンキャッシング!ネットで即日ローンキャッシングカード比較申込!
  • キャッシング金利!キャッシング金利比較!
  • 消費者金融審査!消費者金融審査比較!
  • 限度額比較!キャッシング・クレジットカード・カードローン限度額比較!

  • 広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。